忍者ブログ
にきびは石鹸を変えるだけでも良くなります。 にきびに効く石鹸を見つけて、素敵なお肌を手に入れてみませんか?
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美肌にツヤとみずみずしさがほしいとかハリを与えたいといったことを
思ったとき、とりあえず意識して摂取するとサプリメントは
プロテインというアミノ酸の集まりです。

アミノ酸の中で特に注目される20種類のものがあります。
肝臓で人間が生きていく上で不可欠なアミノ酸のうちの80%が生成されます。
食品等から必須アミノ酸と呼ばれる8種類です。
ヒスチジン、アルギニンも入れて10種類を必須アミノ酸と呼ぶこともあります。
ダイエット中にも美肌を保つことができます。

このサイクルは1ヶ月のサイクルであるため、たとえダイエット中であっても、
今からしっかり「プロテイン」を摂取し始めれば約1ヶ月後には
お肌に美肌が復活します。

プロテインは筋肉を作る原料ですが、人間が吸収することの可能な
プロテインの量は決まっており、個人差もありますが、
約20gから30gというプロテインを吸収します。
プロテインの多く含まれる食事を30g摂っても、
全て吸収するという訳ではありません。

動物性たんぱくと植物性たんぱくがあります。
動物性たんぱくの代表的なものとしては卵白プロテイン、
植物性たんぱくの代表的なものとしては大豆プロテインといったものが
一般的に使われてきましたが、店頭でみかけるプロテインパウダーの
ほとんどは「ホエイプロテイン」です。

植物性たんぱくの大豆プロテインは、消化・吸収がゆっくりしており、
美肌に良い必須アミノ酸が含まれているというのが特徴になっています。
PR
グリコール酸とは、リンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種で、
肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンなどといった
細胞を増加させ、真皮を厚くしてにきびのできにくい肌にします。

サトウキビのブドウの実や葉などの含まれる成分で、角質の柔軟、
剥離作用があるため、にきびケアを目的とした洗顔料や化粧品に使用されます。
またケミカルピーリング治療でもピーリング剤として用いられます。
ただし、刺激性が強いため肌状態に合った適切な濃度で使用する必要があります。

皮脂分泌が過剰になり角質が厚くなると、皮脂が詰まってにきびができます。
グリコール酸ピーリングは、酸の働きで角質を剥がす事により、
毛穴の出口に詰まった古い角質を取り除きます。
にきびの元となるコメドを除去し、にきびをできにくくします。
又、“酸”にはにきび菌を殺菌する効果もあります。

にきび跡は、コラーゲンの欠損による皮膚の陥没状態です。
グリコール酸ピーリングにより皮膚が再生され、表面が滑らかになり、
にきび跡が目立たなくなります。

グリコール酸は他のフルーツ酸とおなじように身体の中に存在するもので、
危険ではないのが特徴です。
古くなった角質層などをピーリングタイプのパックなどで除去するには、
もっとも効果的な酸であり、水に溶かすとかなりの強酸になします。

フルーツ酸のなかでは分子量がかなり小さいため、皮膚への浸透も早いです。
医療機関などの美顔では、ケミカルピーリングの素材として用いられ
効果も大きいが、グリコール酸の配合された石けんなど、
毎日のスキンケアでにきびや吹き出物の跡などを手軽になおしていく方法もあります。
ナイアシンアミドとは、米ぬかや酵母などに多く含まれる、
水溶性ビタミンの一つで、ビタミンB群に属します。

ナイアシンアミドは、体内で酸化還元系の補酵素として働き、
糖質や脂質をエネルギーに変換する作用があります。

ビタミンB郡の多くは皮脂の合成や代謝に関連しています。
にきびに効果を持つのが、ビタミンB3とも呼ばれる
このナイアシンアミドです。

この成分は角質のバリア機能を担っている細胞間脂質の
セラミド、脂肪酸、コレストロールをバランスよく増やします。
そのため、大人のにきびの引き金になるバリアの破錠が治り、
肌に水分が保たれるうえ、にきびになりにくい肌へと変えていきます。

にきび以外では、インシュリンや性ホルモンなどの合成にも働くといわれ、
不足すると、食欲不振、吐き気、腹痛、下痢、不眠、頭痛等が起こります。

また、このナイアシンはアルコールの代謝も助けるます。
不足するとアルコール分解過程のアセトアルデヒドを
分解できなくなるので、二日酔いになりやすいのです。

そして、近年、皮膚を保護する「角質細胞間脂質」の合成し
にきびのターンオーバー促進することが明らかになり、
なぜ、にきびにはビタミンB群がよいのかということの裏づけにりました。
AHAピーリングは、ケミカルピーリングと呼ばれる薬品を使った
治療方法の一種です。
AHAは乳酸やグリコール酸などフルーツ酸と呼ばれる酸を使って、
肌の古い角質層を溶かします。
溶かすのは表皮細胞と呼ばれる肌の一番上の部分だけ。
ピーリングの中でも安全性が高い方法です。
その後、自然治癒により新たな皮膚が再生されます。

新たな皮膚は今までに皮膚よりも、きめ細かさ、はり、潤いなどが
上がることが期待されます。
俗に「ベビースキン」と呼ばれ、赤ちゃんのように肌が
つるつるになるといわれています。
これだけ効果が期待できるAHAピーリングの良いところは安全性が高いところです。

基本的にAHAが配合されているピーリング石鹸・ソープがほとんどで、
この配合のパーセントで強さが別れれます。
5%のドクターサニーのピーリング石鹸から、
1%のアイナソープ100まで、そのレベルはいろいろあり、
肌が弱い方はアイナソープ100から使い、
物足りないと思えば徐々に上げていけばいいのです。

基本的にはこのAHAグリコール酸のパーセントが少ないものは
敏感肌などに使い、高いものは強いニキビやシミ、そばかすなどを
剥がす効果をすぐに得る場合などに使えます。

また、大人ニキビ対策などの洗顔用ピーリング石鹸以外にも、
ドクターサニーのピーリング石鹸などはボディケアにも使え、
敏感な顔だけでなく、高いものは体にも使えます。
ピーリング石鹸・ソープは肌を溶かして古い角質を剥がしていくことで、
新しい肌にして肌のターンオーバーを正常にしていきます。
このことで古い固まった角質がなくなり、肌が白く明るくなったり、
にきびの原因を取り除いたり、ニキビ跡にも効果があります。

しかし、にきびを直すのに肌を溶かすほどの効果があることから、
本当に使っても大丈夫?という不安も少なからずあると思います。

私たちが手軽ににきびに使えるピーリング石鹸・ソープですが、
成分としてグリコール酸が入っています。
このグリコール酸が肌の古い角質を剥がして、
にきびの角質を取ってくれる役割をしています。

実はこのグリコール酸は身体に存在する毒性のない物質です。
グリコール酸が皮膚表面からの吸収された場合も、
全身的副作用はありません。
発癌性、アレルギーの心配はなく、パッチテストも不要と言われています。
他のにきび治療法に比べ炎症を起こしにくいのも、グリコール酸の特徴です。

グリコール酸を使った場合、ピーリングした部分と、
しない部分の境目が目立つこともなく、
対応できない重大なトラブルはないと言われています。

ですが、ピーリング後はどんな場合でも紫外線対策を
怠らないようにしましょう。
怠ると逆ににきびが悪化することもあるそうです。
また、保湿もしておくことで肌のツッパリ感が抑えられるでしょう。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
バーコード