忍者ブログ
にきびは石鹸を変えるだけでも良くなります。 にきびに効く石鹸を見つけて、素敵なお肌を手に入れてみませんか?
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どんなに洗顔して清潔にしていてもにきびが改善されない。
にきびケアの基本は洗顔とされていますが、今使っているクレンジングや
洗顔料がにきびを悪化させているとしたら?

通常のクレンジングや洗顔料には洗浄力の強い界面活性剤が配合されています。
これらの製品は気がつかないうちに肌を守っている大切な防御機能まで
取り去ってしまい、過剰な皮脂分泌を起こすことで、
かえってにきびを増加させてしまうのです。

にきび=しっかり洗顔」は昔のにきびケア。
皮脂やメイクの油分などの汚れをしっかり落とすには、肌が本来持っている
防御機能を守りながら、特殊精製した天然クレイの洗顔料を使うだけで、
にきびを簡単に予防できるようになるのです。

にきび改善の鉄則は、自然に中身が出るまで決して潰したりしないことです。
潰してしまうと、お肌が炎症をおこしてにきびを悪化させてしまうと同時に、
にきび跡や色素沈着の原因になってしまいます。

にきびを悪化させないためには、炎症の原因になる油分の強い
ファンデーションやクリームの使用を控え、刺激の少ないスキンケアを
選ぶようにしましょう。

また、にきびを乾かさないようにうるおいをたっぷり与え、
カミツレエキスなどの炎症を抑える効果のある天然ハーブを配合した
石鹸でお手入れをすると効果的です。

にきびが少なくなっても、お肌ににきび跡や色素沈着が残っていては
治ったとは言えません。
美白効果のある代表的な成分として知られているビタミンCには、
にきびの予防効果以外にも、その優れた美白効果でにきび跡の黒ずみを改善、
コラーゲン生成を促進させ、痛んだ肌を内側から修復する効果があります。
PR
フラーレンはノーベル賞受賞対象にもなった化合物です。
ダイヤモンドと同じ炭素物質で、最近注目を集めているアンチエイジング成分なんです。
炭素元素60個が対称に配置された球状の化学構造をしています。

広島県立大学の三羽信比古教授とVitaminC60 Bio Reserch Corporationの
臨床試験から美容成分としての有用性が極めて高いことが見出され、
特にその優れた抗酸化性からラジカルスポンジと呼ばれています。

強力な抗酸化作用があり、紫外線やストレスからくるさまざまなダメージから
お肌を守るといわれています。
フラーレンは別名「ラジカルスポンジ」とも呼ばれ、スポンジのように
ラジカル(=活性酸素)を吸収する優れた力が注目されています。

他にも次のようなたくさんの美容への効果が実証されています。

抗酸化作用(ビタミンCの125倍) → ニキビ跡の赤みを対策します
メラニンの漂白作用 → ニキビ跡の色素沈着を対策します
ターンオーバーを促進する作用 → ニキビ跡の色素沈着を対策します
コラーゲン合成を促進する作用(プラセンタの800倍) → ニキビ跡の凸凹を対策します

フラーレンはいわゆるドクターズコスメに配合される例が多いようです。
フラーレンとビタミンCを一緒に使用すると相乗作用で体感上のスキンケア効果が
アップすると言われております。
最近人気でテレビCMでもおなじみの緑茶石鹸
実はこの緑茶石鹸にきびにも素晴らしい効果を発揮するのです。

一般に緑茶にはカテキンが含まれています。
緑茶は一番茶・二番茶という収穫時期の違いによる2種類があり、
カテキンは二番茶摘みに多く含まれています。
緑茶石鹸にはこのカテキンが多く含まれている二番茶摘みを使い、
濃縮抽出し結晶化したものがほとんどのようです。

カテキンには殺菌効果があります。
雑菌や細菌に強い力で吸着し殺菌する力があります。
緑茶のカテキンは天然成分ですので安心して使うことが出来ます。
皮膚の外側からカテキンを取り入れるとカテキンの殺菌効果でにきびを防ぎます。

また、カテキンは紫外線を吸収する性質があり、皮膚の奥に紫外線が
届く前にブロックして、日焼けを防止して美しい肌をつくる役目を果たします。
にきび肌に紫外線があたると、肌の体力をうばって新陳代謝をおくらせたり、
活性酸素を発生させてニキビに刺激をあたえて炎症をおこしたりする影響があります。
なので紫外線吸収もうれしい効果ですね。

緑茶に含有するカテキンは、うがいで風邪予防、虫歯予防、がん抑制作用など
さまざまなことで話題を集めております。
その話題のカテキンは抗菌・抗酸化作用などでも知られそれはお肌にとっても
例外ではなく清潔に健やかに保つ効果が期待できるのです。

このように緑茶は体の内側から飲むだけではなく、石鹸として内側から
取り入れることによっても効果テキメンです。
最近にきび石鹸でもよく見るようになった「ティーツリー」という文字。
このティーツリーとは何のことなのかご存知ですか?

オーストラリア大陸の東海岸、ニューサウスウエールズ州北東部から
クィーンズランド州南部までを中心とした川沿いの湿地帯が主産地で、
この地域で生産されるティーツリーから作られるオイルが最高品質とされています。
湿地帯とはいっても冬場のぬかるみとは対照的に夏場には地割れがするほど
乾燥する、厳しく苛酷な自然環境で生育しています。

ティーツリーの名前の由来は昔、オーストラリア大陸を西洋人として発見した
キャプテンクックがその葉をお茶代わりとして飲用したため、
と広く言い伝えられていますがその真偽を含めて実際のところよくわかっていません。

ただ、かなり古くからオーストラリアの原住民であるアボリジニが薬用として
用いていた事が知られており、人間との付き合いは比較的古いものと推測されています。

抗生物質の誕生により一時、注目を失いましたが、
抗生物質耐性菌の発見や自然薬への関心の高まりから昨今、
再び注目を集めるようになりました。
ティーツリーオイルは48種以上の有機化合物を含む複雑な物質で構成され、
殺菌消毒に有効なテルピネン-4-オールを30%以上も含んでいます。
これらの有機化合物の相乗効果により皮膚の炎症の治療から
切り傷・擦り傷、関節炎や筋肉痛、水虫にまで効果のある「体に優しい自然薬」として
オーストラリアをはじめ世界各国でその価値が認められ、輸出されるようになりました。

<strong>にきび</strong><strong>石鹸</strong>を選ぶことも<strong>にきび</strong>対策には重要ですが、
あなたはその<strong>石鹸</strong>、上手な泡立てはできていますか?

顔をすすいだら洗顔剤を適量手に取り泡立てます。
洗顔剤は充分な泡立ちで汚れを落とす為にケチらずに使いましょう。
(洗顔<strong>石鹸</strong>の場合は<strong>石鹸</strong>を両手で包み込み、手の中で回転させながら少しずつ
ぬるま湯をプラスして手に適量の<strong>石鹸</strong>を付着させます。)

そして、手と手が軽く触れるくらいの感じ(空気を入れるつもりで)でクルクルと
円を描きながら泡立てます。
ぬるま湯を加えながらやると効果的です。
泡がきめ細かくなればなるほど肌に負担をかけずに隅々まで洗うことができるようになります。

良く泡立ったら、まず泡をTゾーン(額と鼻)にのせておきます
(油を浮かせ最後に洗うのでそのままで。
Tゾーンは皮脂分泌が多い部分なので、新鮮で洗浄力の高い泡をのせることで
頑固な皮脂もすっきり落とせるようになります。

次に頬を洗います。顔の中心から外側に、円を描くように指を動かして、
ゴシゴシと力をいれずに優しくマッサージする感じで洗うと肌に負担をかけません。
そして口の周りやアゴ、フェイスラインも同じように優しく隅々まで洗います。
最後に泡をのせておいたTゾーンを洗います。
小鼻や髪の生え際、眉間など洗い残しの多い細かい部分も忘れずに洗いましょう。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
バーコード