忍者ブログ
にきびは石鹸を変えるだけでも良くなります。 にきびに効く石鹸を見つけて、素敵なお肌を手に入れてみませんか?
[30] [34] [36] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グリコール酸とは、リンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種で、
肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンなどといった
細胞を増加させ、真皮を厚くしてにきびのできにくい肌にします。

サトウキビのブドウの実や葉などの含まれる成分で、角質の柔軟、
剥離作用があるため、にきびケアを目的とした洗顔料や化粧品に使用されます。
またケミカルピーリング治療でもピーリング剤として用いられます。
ただし、刺激性が強いため肌状態に合った適切な濃度で使用する必要があります。

皮脂分泌が過剰になり角質が厚くなると、皮脂が詰まってにきびができます。
グリコール酸ピーリングは、酸の働きで角質を剥がす事により、
毛穴の出口に詰まった古い角質を取り除きます。
にきびの元となるコメドを除去し、にきびをできにくくします。
又、“酸”にはにきび菌を殺菌する効果もあります。

にきび跡は、コラーゲンの欠損による皮膚の陥没状態です。
グリコール酸ピーリングにより皮膚が再生され、表面が滑らかになり、
にきび跡が目立たなくなります。

グリコール酸は他のフルーツ酸とおなじように身体の中に存在するもので、
危険ではないのが特徴です。
古くなった角質層などをピーリングタイプのパックなどで除去するには、
もっとも効果的な酸であり、水に溶かすとかなりの強酸になします。

フルーツ酸のなかでは分子量がかなり小さいため、皮膚への浸透も早いです。
医療機関などの美顔では、ケミカルピーリングの素材として用いられ
効果も大きいが、グリコール酸の配合された石けんなど、
毎日のスキンケアでにきびや吹き出物の跡などを手軽になおしていく方法もあります。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
バーコード