忍者ブログ
にきびは石鹸を変えるだけでも良くなります。 にきびに効く石鹸を見つけて、素敵なお肌を手に入れてみませんか?
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にきびに効く石鹸選びで気をつけなければいけないのが
この「界面活性剤」です。
にきびには洗顔が大切!ということで、毎日にきびに効く石鹸で
洗顔しているのに、一向ににきびがよくならないなんてことはありませんか?
それは、石鹸に含まれている界面活性剤が原因かもしれません。

界面活性剤とは、本来まざることのない水と油を混ぜ合わせるという効果のあるものです。
よって、にきびに効く石鹸も、皮脂などの油分を水と混ぜて皮膚の汚れを取り除くという効果があります。
そのため、にきびに効く石鹸も一種の界面活性剤というわけです。

界面活性剤がお肌に刺激を与えていて
知らない間に、にきびが悪化していたということもあるそうです。
そのため、にきびに効く石鹸を購入するときには、成分をよく確かめてから
にきびに効く石鹸を買いましょう。

にきび対策のために、毎日使うものです。
インターネットや口コミなどで、自分が使おうとしているにきびに効く石鹸の評判を
確かめてみるのもいいと思います。
広告などに惑わされるのではなく、しっかりと自分で情報を確認して
自分にあった、にきびの効く石鹸を探してくださいね。

PR

にきびに効く石鹸としてポピュラーなピーリング石鹸ですが
通常の固形石鹸と違って、よく

「溶けやすい」

と感じたことはありませんか?
ちょっとの間、お風呂場などの湿気の多い
ところに置いておくと、気がついたときにはどろどろになっていたなんて
ことがあると思います。

せっかくにきびに効くピーリング石鹸を買ったのに
すぐ駄目にしてしまってはもったいないですよね。

そこで、上手な保存方法でピーリング石鹸を長持ちさせましょう。

にきびに効果的な成分はたくさん配合されているピーリング石鹸は
普通の石鹸と違って、水分を含みやすくすぐに溶けてしまいます。
そこで、使用した後はできるだけ水をきって、水気の少ないところに保管しましょう。

お風呂場や湿気の多いところでの保管は短時間でも危険です。
また、シャワーやお風呂に入っている間、お風呂場に置いておくのもよくないです。
多少面倒でも、使い終わったら浴室からピーリング石鹸を出しておいたほうが
より長持ちするでしょう。
また、浴槽などに落としてしまうと、ピーリング石鹸はすぐに溶けてしまうので
注意しましょう。

このように、普通の固形石鹸とにきびに効果的なピーリング石鹸は
用途が異なるので、もちろん保存方法も変わってきます。

ちょっとした注意で、ピーリング石鹸を長持ちさせて
にきびケアをしていきましょう。



にきびに効く石鹸はピーリング効果のあるものが多いと思います。
古い角質を除去し、にきびに効果のあるピーリング石鹸ですが、
にきびに効くからといって、毎日毎日洗顔するのは、果たしてお肌にいいことでしょうか??

ピーリング石鹸とは、エステや病院で行うピーリングの効果を
家でも手軽にできるようにしたものです。
偏った食生活や不規則な生活でターンオーバーの乱れたお肌の
古くなった角質を、フルーツ酸などで除去するという作用があります。
その古くなった角質を除去し、お肌の調子を整えることでにきびに効果的に作用します。

にきびが気になっている時には、効果があるピーリング石鹸ですが
にきびも良くなり、お肌の状態がもとに戻ったにも関わらず
使い続けるとどうなるでしょうか?
健康な角質まで不必要に除去してしまうことになります。
それは、お肌にとっていいはずがありません。
ピーリング石鹸の使いすぎは、角質のないつるつるとしたビニール肌や
傷ついた角質を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌の原因にもなります。

にきびがある程度よくなってきたら
毎日朝と夜の洗顔に使っていたピーリング石鹸の使用頻度を
2日おきや3日おきにするなど、だんだん減らしていきましょう。
そうすると、健康な角質を痛めることなく、にきびケアが出来ます。

最近にきびに効くとして注目されているビタミンC誘導体について説明します。

もともとビタミンCには、
皮脂の分泌抑制、角栓を開く、抗酸化作用、コラーゲンの生成促進、メラニンの還元作用、
メラニンの生成抑制、色素沈着抑制など様々な働きがあると言われています。
しかし、ビタミンC単体では壊れやすく、肌に浸透しにくいことが難点だそうです。

そこで開発されたのがビタミンC誘導体なんですね。
ビタミンC誘導体とは、美白作用があるビタミンCよりも角質層の透過がよく、
より長い時間皮膚内にとどまるように改良された美白成分です。

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性があります。

水溶性:
水溶性のビタミンC誘導体は、ローションタイプの化粧品(化粧水)などに使われています。
純粋な「ビタミンC」に比べ、約8倍の量が肌細胞に取り込まれ、その効果は12時間以上持続します。

油溶性:
油溶性はオイルに配合しやすいため、クリームやジェルタイプの化粧品に使われています。
水溶性よりも肌への浸透率がさらに高く、24時間以上その効果を持続します。

ビタミンCは、皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進、保湿を促してくれるので
小ジワやにきびを防止し、美白・肌の若返り効果があると言われています。

最近では、このビタミンC誘導体が含まれる石鹸も登場しています。
にきびに効く石鹸を選ぶとき、このビタミンC誘導体に注目してみて下さい。

石鹸は油脂とアルカリを混ぜることによって家庭でも作ることができます。

最近石鹸を手作りされる方が多いようですが市販の石鹸と比べて手作り石鹸は何が良いのでしょうか?

手作り石鹸の長所と短所をあげてみました。


長所

酸化防止剤や金属封鎖剤、合成香料などの肌トラブルになりやすい成分が入っていないため敏感肌、アレルギー肌にも優しい。

材料を換える事によって硬さや泡立ち、保湿感、香りなど好みの石鹸が作れる。

石鹸ができるときに保湿成分のグリセリンも一緒にできるのでしっとりした保湿系の石鹸になる。

市販の手作り石鹸よりかなり安くできる。


短所

酸化防止剤、金属封鎖剤などが入っていないため変色したり石鹸に残っている油脂が酸化する場合がある。

材料に水酸化ナトリウムという劇物を扱うので注意が必要。

グリセリンが入っているため水分を集めやすく溶けやすい石鹸になる。

作る手間がかかる。といっても慣れてしまえば1時間くらいからできる。


手作り石鹸には余剰な油脂や生成したときの副産物であるグリセリンが残っており、

そのために保湿感が得られるのですがその油脂が酸化したりグリセリンが空気中の水を集め

溶け崩れやすくなっています。

保存は涼しい暗所でします。使用期限は石鹸の素材や保管方法によるため一概に言えませんが

保管状態が悪いと短期間でも石鹸が酸化したりかびたりする場合もあります。

夏など蒸し暑い時期に長く保存したい場合は石鹸がよく乾燥、熟成された状態で空気と光を遮断して

低温の場所においておくのがいいかと思います。


今までにきび肌に合う石鹸がなくてお悩みの方も、自分で作ってみては?



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
バーコード