忍者ブログ
にきびは石鹸を変えるだけでも良くなります。 にきびに効く石鹸を見つけて、素敵なお肌を手に入れてみませんか?
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にきびに効く成分を紹介します。
にきび化粧水選びの参考にしてください。

イオウ
ニキビ向けの医薬部外品に広く使われている成分。
角質表面のたんぱく質と結合して、角質をはがすピーリング効果がある。
半面 、皮がむけてかなり乾燥しやすい状態になるので、皮脂の多い思春期のニキビ向き。
使用後は化粧水で十分に水分を補う。 

ビタミンC誘導体
ビタミンCにリン酸という成分を結合させて安定化したもの。
肌につけた当初は結合しているが、肌の細胞の表面で結合が切られて、
新鮮なビタミンCとして肌の奥の細胞に浸透していく。

APPS
新型ビタミンC誘導体。高浸透性・持続性に優れている。
従来のビタミンC誘導体に比べ100倍の浸透力があり、より効果的。

フラーレン
星間物質(宇宙空間に存在する微量成分)から偶然発見された。
フラーレンは肌に接すると、 スポンジのように自身の炭素原子が活性酸素に取り付き、
肌表面で活性酸素を無毒化するという抗酸化力があり、その抗酸化力はビタミンCの数百倍とも言われてる。

グルコール酸
角質の細胞同士の接着を緩めたり溶かしたりするピーリング成分。
その代表であるグリコール酸もニキビに効果 が高い。

ナイアシンアミド
ビタミンB郡の多くは皮脂の合成や代謝に関連している。
ニキビに効果を持つのが、ビタミンB3とも呼ばれるナイアシンアミド。
この成分は角質のバリア機能を担っている細胞間脂質のセラミド、脂肪酸、コレストロールを
バランスよく増やす。
そのため、大人のニキビの引き金になるバリアの破錠が治り、肌に水分が保たれるうえ、
ニキビになりにくい肌になる

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
バーコード