忍者ブログ
にきびは石鹸を変えるだけでも良くなります。 にきびに効く石鹸を見つけて、素敵なお肌を手に入れてみませんか?
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

病院でにきびの治療でケミカルピーリングを
行うことになったとき、まずあがるのがグリコール酸や乳酸など
「AHA」をつかったケミカルピーリングです。
でも最近、AHA以外で日本の病院でもにきび治療に使われている酸に、
「サリチル酸」があります。

サリチル酸は、もともとにきびの原因となるいらない角質を
剥離させる効果がたかいことがわかっていたのですが、
ピーリング液の肌への刺激が強い、ピーリング後に炎症をおこすことがある
ことなどから、にきび治療にはあまりつかわれませんでした。
この刺激や炎症は「サリチル酸」のせいというよりも、
サリチル酸を溶解している「エタノール」による作用でした。

では、なぜ、最近になってこのサリチル酸がにきび治療に
使用されているかというと、サリチル酸をエタノールではなく、
ワックス状の「マクロゴール」という溶剤で溶解したサリチル酸が開発されたからです。

この新しい薬剤は、エタノールをつかっていないので、
ピーリング中も全く刺激がなく、ピーリング後は炎症などの
トラブルもおきにくいため、にきび治療にも使用されるようになりました。

グリコール酸のように、肌の奥に浸透して保湿や真皮の新陳代謝促進へ
直接作用することがないかわりに、角質層やにきび
除去にたいする効果はグリコール酸よりも高いといわれています。

また、薬剤が高価なため、AHAのピーリングよりも高く料金設定している
場合もあり、1回8000円から15000円が相場のようです。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
バーコード