忍者ブログ
にきびは石鹸を変えるだけでも良くなります。 にきびに効く石鹸を見つけて、素敵なお肌を手に入れてみませんか?
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思春期にきび対策の石鹸選びは、まず思春期にきびの原因を確認しましょう。

代謝が悪く、余分な角質がたまりやすいUゾーンにできる典型的な大人のにきびには、
グリックソープなどのピーリングソープがばっちりきくのですが、
一般的に新陳代謝がよくて、角質がたまりにくいおでこと頬だけにできる「思春期にきびタイプ」は、
角質ケアをしてもあまり効果がありません。 

そのかわりに、思春期にきびには「ビタミンC誘導体」がオススメです! 
ビタミンCには、思春期にきびの原因である、皮脂の分泌をおさえて、角栓をひらき、毛穴をクリアにする作用があります。 
たとえば、洗顔後に水溶性ビタミンC誘導体のローションパックや、
しっかり保湿後に油溶性ビタミンCの美容液、などのケアが思春期にきびにはよいとおもいます。 
肌がざらざらしてきたのは、たまっていない角質をさらにとろうとしたことによって、
表皮が乾燥してかたくなってしまったからだとおもいます。

 「思春期にきびタイプ」の場合、通常なら「まず、水溶性ビタミンC誘導体のローションパック」ですが、
もし、グリックソープでかなり乾燥してしまっている状態なら、水溶性アイテムよりも、 
油溶性ビタミンCアイテムをえらんだ方がいいかもしれません。 
乾燥は大人のにきびをなおりにくくする要因になることが多いからです!

これからも、とくに「乾燥」には気をつけて保湿をこころがけてくださいね。
 数あるビタミンCアイテムの中で、気にいってながくつかうものはその人のにきびや肌のタイプ、
感触などの好みによるみたいです。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
バーコード